SSブログ

♯さん ♭さん [学ぶ]

 

芝居を観に行くと、俳優さんにお会いすることが多い。

 (一方的に見かけた!というのも多いけどね。(^▽^;))

その中でも、2度ほどお見かけした緒形拳さんは印象的だった。

となりでスタッフの方とお茶を飲んでいらっしゃったのだが、

口数少ないんだけど圧倒的存在感!

オーラが出ていた。

カッコイイ方でした。

2008y10m08d_184929777.jpg

ご冥福をお祈りいたします!

 

 

 

で、本題。

本多劇場で上演中のナイロン100℃公演を観て来た。

 「シャープさんフラットさん」
-ダブルキャスト2本立て-

2008y10m03d_100548899.jpg

ブラックチームとホワイトチームに分かれての上演。

内容もちょっと違うらしい。

だから、最初っから両方観ればいいんだけど、とりあえず

ず~~~~っと長い間お気に入りの大倉孝二。

2008y10m08d_145706276.jpg

と、峯村リエ。

2008y10m08d_145225593.jpg

その彼らの出演のほうのブラックチームを観てきた!

ちなみに、ホワイトチームの主演は三宅弘城。

 2008y10m08d_115958002.jpg

 

なぜ、♯さんと♭さんなのかは、

ブラックチームではこの三宅さんのセリフで明らかになる。

世間からちょっとだけズレテル価値観、感覚、笑い。

そういう人が、♯さんであり♭さんなのだ。

でも、実はそういう人が面白くて、興味深くて、魅力的なんだけど、

世間は、皆一緒が好きなんだよね。

わかりやすいし、安心できるもんね。

ズレテルと変わり者扱いされるし、世間から認められにくい。

 

なんだか、笑える芝居なんだけど、とても哀しい思いが残った。

 

詳しいことは、チヨロギさんのブログで紹介されている。

チヨロギさんのほうが、わかりやすよ~(*´∇`*)

って、自分で手を抜かずにちゃんと書けよ!

        ↑

     自分ツッコミ

 

 

おまけ

いつも下北沢に行くと、2回に1度は行ってしまう「定食屋 千草」

お決まりは、これなんだけど

2008y10m08d_133144761.jpg

     にんにく醤油の揚ブタ定食 900円

これ食べたあとに芝居を観ると、まわりに迷惑なので、

今回涙をのんで、豚天定食(正確な名前は忘れた)にしてみた。

量が多いので、ちょっとくどいな!;;;;(;・・)ゞ

 

 

 

 


nice!(13)  コメント(12) 
共通テーマ:演劇

おくりびと [学ぶ]

         「おくりびと」 http://www.okuribito.jp/

2008y09m17d_204753371.jpg

 

東京ドームでの3連戦の3日目。

試合中継を観る気にもならず、映画を観にでかけた。

この選択は正解だったようだ。【><。】

 

お葬式というと思い出すのは、うちの母方の親族の間では

『泣けないお葬式』である!

古いお付き合いの方は覚えてるかな?

 

 

 

 そのときの記事


泣けないお葬式 前編(喪主編)  [今日の変な人]

出張の帰りに、危篤の叔父のお見舞いにいった。

そしたら、ちょうど亡くなった直後だった。

帰るに帰れない状況が、ここから始まった。

 

 

叔父は独身だったので、喪主は兄である伯父がやることになった。

頑固な80歳の伯父は、

「俺が全てやる」

と、宣言したので、伯母たちや甥っ子姪っ子は指示待ちの状態。

 

がしかし、司令塔が司令塔になってない[exclamation]

 

まず神主に連絡。伯父の手帳に書いてあった番号が違っていた。

伯父は「きよちゃんに電話で聞いてよ」と言う。

 

……?

それ、誰?有名?

 

伯父は、それが近所の人だと言うことを5分かけて、その場にいた人達に説明した…[あせあせ(飛び散る汗)]

なんとかそのきよちゃんのとこへ電話したら、

神主はまだ引退してなく、入院していたけど退院していて、例の神主が来ることとなった[exclamation×2]

 

このように司令塔に何か聞いても、答えに至るまでに紆余曲折があり、

結論が出るまでに、なが~~い時間がかかる。

段取りが決まっても、司令塔と側近の伯母が勝手に変更して、それを黙っているので、

当日は大混乱[がく~(落胆した顔)]

 

納棺を自分達でやることにしたと、司令塔が言い出した。

とりあえず来れる人10人で、司令塔の指示のもと遺体を納棺したが、

遺体は重いし、素人なので、ただ入れた!って状態。

愛用品も入れ忘れ、顔は曲がっちゃうし、衣装ものっけただけ。

偲ぶとか悲しいとかの感情は全くなく、司令塔以外の全員は、

「ふ~、疲れた~

お金ケチらないで業者にやってもらったほうがいいよ!

悲しめないよね。

死体遺棄してるみたいだよ」

とか

 

火葬場に行く車に乗れ切れない人が出るかもしれないと、

出棺1時間前に問題発生。

「タクシーで火葬場に行けば?」との提案もあったが、

手を挙げてタクシー拾って、

「あの霊柩車の後を追って下さい」って、頼むのもおかしいよ!

 

とか

 

10日祭(初七日)の引き出物を発注していないと、司令塔が言い出した

取り止めにする?

 

とか

 

納骨までの空いちゃう時間をどうする?

カラオケって言うのもへんよね。

忘年会やっちゃう?

 

…………

 

 

そんなこんなで、なんとか泣けない葬儀が終わった[たらーっ(汗)]

 

 

明日は、「後編(神主編)」です


 

 

↑ これ、思い出した?

 

いまだに、モリゾーシリーズの続きはないのか?って、

個人的に聞いてくる方もいらっしゃるんだけど、

残念ながら、会っていないのだ。

法事のときは、私もいとこたちも欠席してしまい、笑える内容だったか確認できてない。

ただ、生きている!

 

 

 

で、本題の「おくりびと」だけど、

おくりびととは、納棺師のこと。

決して素人が見よう見真似でやるようなことではない。

親戚にいて欲しかったと心から思う。

私もモックンに納棺して欲しいぞ!

モックンの所作がとても綺麗で美しい!

そして愛を感じる!

遺体を扱う仕事だけに、

モックンの妻役の広末が

「仕事を変わって欲しい」と言って実家に帰ってしまう気持ちも、

同級生の杉本哲太に、

「ましな仕事につけや」などと言われてしまうのもわかる気がする。

忌み嫌われる仕事の1つだが、

火葬場での仕事も、それ以上に嫌われやすい仕事だよなと改めて感じた。

でも、人は最期に必ずお世話になるのだ。

こんな納棺師のお仕事を実際におめにかかることがあったなら、

きっと、皆、この仕事の見方がかわるのではないか。

 

石の手紙のことが、伏線として描かれているが、

それがラストに涙をさそう。

全体を通して笑えて、ほろほろと涙の出る、

だけどなぜか清々しい余韻の残る映画だった。

とてもおススメ!!

 

 

 


nice!(11)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

急に涼しくなりましたね [学ぶ]

 P1000516.JPG

ぴょん吉君にどうぞ!と言われて、いただいた鈴虫たち。(10匹以上いるらしい)

ぴょん吉は、めだかの世話だけで手一杯なので、いらないと言った。

仕方ないので、私が子供の頃を思い出し世話している。

毎日、ずーーーっと鳴いている。

優雅を超えて、ちとうるさい。

 

 

 

話はかわって、

 

 男と女の間に友情は成立するのか?

って、よく言われるけど、

先日、読んだこの本にこんなセリフがでてきた。

秋の花火 (文春文庫 し 32-9)

秋の花火 (文春文庫 し 32-9)

  • 作者: 篠田 節子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 文庫

 

「・・・友達としてつきあうにはいい人だけど、

 こいつとはヤル気はしないな・・・」

これが、友達と恋人の境界線なのかもなって思った。

まあ、置かれてる環境もあるけどね。

たとえば、結婚しているとか。

結婚してても心は自由だから、恋もできる。

そんな女心を描いた本が、これ。

切羽へ

切羽へ

  • 作者: 井上 荒野
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: 単行本

 

「切羽」とは、これ以上先へは進めない場所。

この場所へと妻である主人公と、独身である男が進んでいく。

最終的に、主人公が選んだ道は・・・

 

 決して夫婦仲が悪いわけでもないけど、惹かれていく気持ちが

静かに描かれている。

大人の女性に読んで欲しい作品だった。

 

 

 

おまけの話

 

先日名古屋で仕事をしてて帰り仕度をしていたら、

「甲子園の招待券あげるから、武田鉄矢観に出てこない?招待券があるから!」

と、突然のお誘いがあった。(どんなバーターじゃい!Σ\( ̄ー ̄;) )

それも開演1時間前!

即でかけた(^▽^;)

2008y08m25d_220524557.jpg

 

商業演劇だし、観客はおばあちゃんとおばちゃん中心だし、

タダ券だし、トークはおもしろかったから許せるけど、

学芸会のような演出は、いかがなもの?

セーラー服姿の麻丘めぐみは、いかがなもの?

譜面見ながら歌うのって、いかがなもの?

めっちゃ良い席だったので、隣の席のおばちゃんが、

セリフしゃべってる役者に、「そーだそーだぁ~」って声かけちゃうって、いかがなもの?

 

そんな芝居でした~ ε-(;ーωーA フゥ…

 

 がばいばあちゃんにしろ、この方のお母様にしろ、

あの頃のおかあさんって、かっこいいな~根性すわってるよな~

と、つくづく思うのだった!

 

 

 

おまけのおまけの話

P1000468(1).JPG

8月13日の東京ドーム

阪神の勝ち試合!

巨人のラッキー7が、意外に地味でびっくり!!

阪神のヤジのほうが、よっぽど派手だった。

「モナオカ~、東横インくらい泊まれや~」

 


nice!(16)  コメント(18) 
共通テーマ:演劇

眠れない夜 [学ぶ]

 暑いっすね~ ...A=´、`=)ゞ

最近夜中に何度も目が覚めてしまい、

毎日仕事中に記憶が飛んでしまう日々。

せっかく起きたしってことで、夜中に

BONES ―骨は語る― vol.1

BONES ―骨は語る― vol.1

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD

 

 

魍魎の匣の箱(初回限定生産)

魍魎の匣の箱(初回限定生産)

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD
  •      

 

 

28週後... (Blu-ray Disc)

28週後... (Blu-ray Disc)

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray

 

  •             
  •              ↑

         (この3本は夜中向けではないな)

陰日向に咲く 通常版

陰日向に咲く 通常版

  • 出版社/メーカー: VAP,INC(VAP)(D)
  • メディア: DVD

      ↑

  (これは原作の良さが生かされてないな)

なんか観ちゃったりしてしまい、

さらに

本読んじゃったりして、さらに寝不足になるのだ。

その中でも、「シズコさん」 よかった!

シズコさん

シズコさん

  • 作者: 佐野 洋子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 単行本

ずっと母を愛せなかった娘が、最後に愛せるようになった著者自身の話。

 私のように母と決して良い関係ではない人には、特におススメの1冊。

 主人公(著者)のお母さん「シズコさん」は、

   手紙の最後に 「母より」 と書いてくる

   「ありがとう」と「ごめんなさい」を言わない  ・・・・・・・

そんな嫌いな部分は私の母と似ているし、主人公の娘が

   「ホームシックになったことがない、なってみたい」

   「母に触れない」   ・・・・・・

と言ってたことも一緒だ。

しかし、そのシズコさんが呆けてから、徐々に主人公の心は解けていき、

「嫌い」 から 「好き」 になる。

”母に愛をかけられるようになる”ことが、一生の課題である私に、

 「今がそのときなんじゃない? 時間は限られているわよ。」

と言っているような気がしたエッセイだった。

 

 

 

☆おまけ☆

たぶん今年最後となるであろう甲子園。

7月の甲子園 ヤクルト戦

P1000398.JPG

パイナップル味アイスを食べながら

P1000397.JPG

 

 

P1000394.JPG

引き締まった金本のお尻を見つめ

のんきに試合を観ていたら、

久保田の自滅負けで終了~~~

 

 

 

そして、名古屋ドーム 中日戦

 

なかなかの接戦での7回

 P1000404.JPG

 

 

P1000405.JPG

ドアラがバクテンで失敗。

失敗すると中日は負けるらしい。

ホントに負けた。

 

試合終了後、珍しいジャージを見たので撮影させていただいちゃいました~

P1000408.JPG

      「男 川藤!」

 

 

 

今日からオールスター戦だ ♪ (★^▽^)V

 

 

 


nice!(13)  コメント(13) 
共通テーマ:

クライマーズ・ハイ [学ぶ]

 

崖の上のポニョの歌にのせ

「〇〇 〇〇 〇〇  かたぎの子~♪

 いつも 子分を かわいがぁ~ってるぅ~♪」 

(〇には今までの名前が入る)

と、のんきに歌いながら、

「ほら、それそれ、あれあれ!」

と、会話が進まない頭がいっちゃってる親子で観に行った映画、

「クライマーズ・ハイ」

2008y07m21d_094924234.jpg

 

 

 

145分の長い映画ですが、あっという間です!

緊迫感があり、引き込まれます。

大人向きの映画だと思います。

 2008y07m21d_095127644.jpg

 

当時、私はもう大人でした。

「大久保、連赤」ということばもわかるお年頃。

あの時、生存者がいたことに救いを感じ、

機内で書かれた遺書に涙したことが思い出されます。

 

あの頃は携帯もなく、やっと自動車電話が出始めた頃で、

まだダイヤル式の黒電話で、パソコンもなく通信手段が限られてました。

それはそれで当時は平気で生きていたけれど、

あのときに携帯があったら・・・

記者さんたちももっと楽だったんだろうな。

もっと早く・・・していたら、もっと助かっていたんだろうな。

なんてことや、

けど、地獄のようなその現場を見てしまった、心に受ける痛みは変わらないんだろうな。

なんてことが、

心に重くのしかかる後味なのでした。

 

 

珍しく原作を読んでませんが、

2005年にNHKで放映されたのは見ました。

主演は佐藤浩市さんでした。

心に残るドラマで、DVDもレンタルや発売されているらしいので、

改めて観てみたいと思いましたし、原作も読んでみたいと思います。

 

2008y07m21d_095043547.jpg

 

 

 

 

 

 

お若い方たちはご存知ないと思いますが、

この事故でこんな有名な方も亡くなりました。

 

 


nice!(19)  コメント(24) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます